東南アジア旅行12〜振り返り〜

今回の旅行を振り返ります。
飽きもせずに書き続けます。
今回は写真なしです。


出発前

親に猛烈に反対された

そりゃそうだ。

理由は2つ。

まず、
『うちがそういうことを許すような適当な家だと思われたくない』
と、しきりに主張していたので、ここでちゃんと断っておきますが、うちの親はそんなことを簡単には許しません。奔放な家庭ではありません。

もう一つは、『何も相談されず、旅行を決めたのがあまりにも唐突だったから』
これに関しては、スライドを作って、各都市の様子とか行程とかを説明しました。

計画

上記のスライドには一応行きたいツアーやホテルを記載していたんですが、
実際にはホテルもツアーも現地調達しました。
安宿、安ツアーに関しては現地の方が情報量多いし。

なので、計画は飛行機だけ。あとは現地で考えました。

旅行中

持って行ってよかったもの

地球の歩き方…高いけどベトナムカンボジア2冊買いました。素晴らしいガイドブックでした。日本人以外にめっちゃ羨ましがられた。笑

バックパック…これも高かったけど、前回スーツケースでヨーロッパ行った時よりもずっと楽だった!

timberlandの靴…かわいいし軽いし丈夫だし。超お気に入り。


ゲストハウスが楽しい

旅の目的が何なのか忘れてしまいそうになるぐらい、ゲストハウスが楽しかったです。

当初は、一人旅なので、一人で街中をぐるぐるしながら東南アジアの雰囲気を楽しみつつ、美味しいものを食べてぼーっとしたい、と考えていたのですが、
現地のゲストハウスでその日1日一緒に観光する人や、一緒にご飯を食べてくれる人、ひたすら夜喋る人と出会えました。

言葉

ベトナムではほとんど欧米人しかいない宿に泊まったので、周りはみんな英語ペーラペラ…
そこに初日だけはひるんでしまって入っていけなかったんですが、2日目からはどんどん話しかけるようにしました。
数日間だけの語学留学みたいな気分。ほんのすこしだけど上達できたかな…!

あと語学に関しては、英語が私よりも喋れないような韓国人と喋りたい機会が2回ほどあったので、
韓国語を喋ってもらって、英語まじりの韓国語で返してました笑
ドラマで聞いていただけなので、実際に会話で使うのは初めて。意外と意思疎通できてわくわくしました!

ベトナムカンボジアも、ほとんど英語が通じます。ホテルの受付とかはペラペラだし、屋台のおばちゃんとかでも普通に通じるので、不便はしなかったです。

トラブル

ホーチミンにいるときにクレジットカードを無くしたと思って止めてしまいました。
そうしたら一気に金欠になって色々大変だったんですけど、それは本編の方で…

ただ、そういう状況でも、ゲストハウスで知り合った人たちがあれやこれやと助けてくれました。本当にありがたかったです。

あと、私ではないんですが、ゲストハウスで知り合ったノルウェー人が、ちっちゃなリュックをパクられていました。パスポートとかも入っているもの。
東南アジアではこういうのが日常茶飯事なので、気を引き締めないといけませんね。

帰国してみて

行きたい国が増えた

旅している人にたくさん出会って、私のモチベーションまで上がってしまいました。
卒業までスケジュールカツカツだから、これ以上旅行は増やせないけど、
社会人になってからどれだけ行けるかなー…

日本って素晴らしい!

ご飯は間違いなく美味しいし、清潔だし、クラクション鳴らされないし、荷物パクられないし、みんな親切だし、発展してるし、そもそも素晴らしい国だし。
自己紹介の時に日本から来たって言うと、ほとんどの人は目を輝かせて『日本!いいなー!!行ってみたい!!』って言います。
『是非来て!その時までに英語勉強しておく!』って言ってしまったので、これから頑張ります笑

バラマキ土産用のココナッツキャンディーが不味かった

ごめんなさい。
でも160個あるので、根気よく配り続けます

ブログを書くの大変

でもとにかく書き留めておきたかったので…最後までかけました。



とにかく無事に帰ってこれてよかったです。
旅行初心者の私にとってはかなりのアドベンチャーだった…

広告を非表示にする